■プロフィール

iroma

Author:iroma
1歳の娘のママです。英語育児に興味があります。
お気軽にコメント残してください。

■フリーエリア

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ナチュラル馬術から学ぶ ♪ スピリテッドな馬と子ども
ベッキーのところで、ナチュラル馬術の場所に行った時に、
なにやら、いろんな服やら、プラスチック製品のものがおいてあって、
忘れ物か???と思ってたら
マミーが、これは馬になれさせるために置いてあるということを説明してくれました。。


あー、これね。これね。
私は、マミーのブログに書かれていることを思い出した。。
http://eigobon.weblogs.jp/spirited/2008/06/test.html


敏感な馬は、初めて見るものに対して、いちいち反応して目をひんむいて驚く
のだそうです。
でも、それを一つ一つ排除するのではなく、問題はどれだけ体験させるか
大切だといったことが、そこには書かれていました。


今は、そんなふうに見られませんが
そういえば、iroにしても産まれたときから、臆病な子で、そのうえ何かもう自分の意思が
しっかりあって、とにかく、はじめの2か月くらいは、なぜ泣いているのかわからず
この先どうなるんだろう~と暗雲たる気持ちになったものです。
同じ年のいとこのkanaはお風呂に入るにも、誰が言わなくても力を抜いてリラックスを
して気持ちよさそうにお風呂につかっているのに、うちのiroは大人に必至にしがみついて
決して力を抜きません。
今でも、初めての場所にいくとしばらく私にくっついて自分が大丈夫と思うまで動かないし、
ちょっとでも理不尽な怒り方をすると、すごい騒ぎになっていつまでも涙を流して泣き続けます。
↑ 意図的にやってみる悪い親



でも、彼女の嫌だというものを排除していたらキリがありません。
それよりも、これはこうやったら安全なんだよ、大丈夫なんだよと彼女のペースでたくさんの
経験をさせてあげるほうが、利益があるということは馬と全く同じことがいえるかもしれません。



前回のつづきで、叱り方について
私は、マミーがテキサスで叱る光景を何度か見たり聞いたりしました。
叱る場面は、必要最小限のところでこれは譲れない、これをやったらこの子が危険な目にあう
、このまま行ったら歯止めが利かなくなるみたいなところで、叱っていたように見えました。
叱られた彼女が、その後、どうなるかな~と思ってみていたけれど
むしろ、マミーに対して信頼をいっそう深めているように見えました。
馬も、子どももリーダシップをしっかりとれる人を求めていることは同じなのではないでしょうか。


こんな場面もありました。
ある行為を静止するようにマミーが求めたときに、それを彼女なりに方向転換しようと
しましたが、緊張したのかそばにあったコップを倒して水を一面にこぼしてしまいました。
彼女の表情は、固く青ざめて自分の行いにビックリしてパニックになりそうでした。
もし、母親だったら「あ~また~何やってるのよ~」と嘆きたくなる場面ではあるけれど
マミーはこぼしたところは触れず、努力しようとしたところにちゃんとフォーカスして
フォローしさすが!!と思いました。



子どもよりも大人の方がパワーがあるというのは、
それを自覚している人の方がむしろ少ないと言っていいのかもしれません。
ちなみに私は背が小さいので、背の大きい男性などに傍に立たれるとすごく脅威に
感じます。この人が手を振り上げたら、私なんてすぐに吹っ飛んじゃうよな~などと想像して
ちょっと離れてみたり。
私がそうなんだから、小さな子どもにとって大人の存在は、良いとか悪いとかではなく
、何もしなくてもそのまま脅威なんじゃないでしょうか。
犬や猫にしても、馬にしても、子どもにしても
こういうことは、もしかしたらパワーが弱いものの方が見えやすかったり
するのかもしれません。

IMG_0214_convert_20080926163827.jpg


ナチュラル馬術では、人間がパワーを行使することは、私が見る限り全く
ありませんでした。
むしろ、驚くほど丁寧に馬を扱います。
鞍をつけるときにも、いきなりギュッと乱暴に締め付けることはせずに、
段階を経てストレスをできるだけ与えないようにしめていきます。
そんなにたくさん馬を見ているわけではないけれど、
ベッキーのところにいる馬たちは、私がこれまでみた馬のなかでも
ひときわ美しく、穏やかな表情をしているように感じました。
マミーの馬のルナが、糞をたれ怯えて、扱いにくい馬だったなんてのがびっくりなくらい。
ベッキーのような飼い主に出会えた動物は、とてもラッキーです。


何においても、馬の存在を尊重し絶対に脅かさない。
愛情をもちながらも、馬と人間の境界線はきちっと引いてリーダーシップを
きちんとる(ここが、難しいところのようです!!この境界線をはっきりさせないと、
何がいいことなのかわるいことなのかわからずに、かえって馬が落ち着かなくなる)
そんなことが馬にとっても、子どもにとっても大切なことなんだな~
ということが、しみじみ今回、体験できました。


ほんとうに、お馬さんや、ベッキー、マミーにはいい体験をさせてもらいました。
本当に、本当に感謝です!!



ナチュラル馬術のレポートを4回に分けてご報告しました。
http://children153.blog36.fc2.com/blog-category-7.html

大変、つたないレポートでしたが、何か思ったり、考えたり、引っかかったり、
していただければうれしいです^^


チルドレン大学のママたちのブログ「チル脳倶楽部」
10月7日からスタートしました!!
iromaもメンバーになってます。

こちらも、よかったらご覧ください!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ












































スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

2008 テキサス体験 | 09:28:14 | Trackback(0) | Comments(0)
ナチュラル馬術から学ぶ うまい叱り方
最近は、日本もペットブームで犬のしつけが上手くいかないなんてことで
テレビでそのしつけ方なんてものも紹介しています。

なるほど~
プロはさすが。犬の習性をよく熟知していて
どのタイミングで、どんな態度で犬をしつけするのか的確にアドバイスを与え
ミルミルうちに、犬がお行儀よくなっていく様は圧巻。


やっぱり、叱り方ってのはあるのだな~


「叱る」「怒る」ってのを辞書で調べてみると
怒るというのは、感情の赴くままに感情を爆発させるが、
叱るは感情的でなく相手のことを思って、愛情を持って心に
ゆとりがあるところで行う行為なんだそうな~

私の母は、けっこう感情的に怒る人でした。
私自身は、そうやって感情的に怒る母が、ものすごく嫌だったので
自分が親になったらそうならないようにしようと、ずっと思っていました。
親になって自分のストレスが子どもにいかないか心配していましたが、
幸い感情的に怒るということはあまりありません。


といっても最初からそうだったかと言えば、私はとても
感情的な人間でした。何かあると、すぐに沸点まで到達してしまうほど
コントロールのきかない人だったのです。

だから、今、感情的に子どもをきつく叱ってしまって自己嫌悪に陥っている
お母さんでも、少しコツさえつかめれば感情をうまくコントロールして、上手に
子どもを叱ることができると考えています。


せんず
最近、怒ってばかりいるな~というママは、一日10分でもいいからゆっくり
お茶をして自分の時間を作ってみましょう
iromaはiroが寝てから杏子酒を楽しみにしています


常に、冷静でいるなんてことは土台無理な話だと思うのですが、
感情的に怒る場合は、子どもよりも自分に問題があることが多いように思います。
少し環境調整などして、ゆっくりしてみるのも一つの手かもしれません
たまに、こどもを預けてパ~っと遊んでもいいと思います。


IMG_0082_convert_20081104192654.jpg


さて、ナチュラル馬術のセッションで
Give&Take プレッシャーを与える vs プレッシャーから解放する
というようなことを学んだので叱り方と絡めてご紹介したいと思います。


親がよくやりがちなのは、1のプレッシャーで子どもができるときにも
それよりも強いプレッシャーで叱ってしまうことです。


例えば、やらせたいことだけに焦点を絞ってしかっているうちに、
どんどん過去のことも
ほじくって怒るなんてのもその一つです。



ナチュラル馬術では馬に対して、こちらの導きたい方向に、ちょっちょと誘導して
もし馬が自分で少しでもその方向に動いたならすぐにその手を緩めプレッシャーから
解き放ち、やらされているのではなく自らが選択したという方向に導きます。
これは、無駄な力を使わずとても自然なかたちでなされます。
そして、言う事を聞かなかったら、2、それでもいうことをきかなかったら3、4、と
少しずつプレッシャーをかけていくようにするのです。


子どもで言えば、
ぐずぐずしている子どもに対し、
すぐにでも目的とする動作が見られたらそれ以上のプレッシャーは与えません。
けれど、いうことを聞かない場合は、2、3、4とプレッシャーを増やしていきます。

よく「はい、はい、はい」と聞いているふりして、何も聞いてないなんて
こと子ども時代ありませんでしたか?これって、
プレッシャーをいつまでも開放しないから、子ども自身が最初からプレッシャーを
ブロックしてるんですよね。


そして、とても大切なのは、叱る基準を変えないということ。
あるときは、叱って、あるときは叱らないとなると、子どもは何がいいことなのか
悪いことなのか混乱してしまうからです。。


望む行動が見えたら、すぐにプレッシャーを緩める。
でも、これって親の頭がヒートアップしているときにやれっていっても、
難しいんですよね。


ヒートアップさせないためのコツに
私は、iroについては泣いても叫んでも
「この年齢なら当然でしょ。行儀よくしてたらそれこそ、問題だわ」と思っています。
そういうふうに、最初から高い期待をもっていないと、かえってゆったりした気分で
関われるかもしれません。

あと、すぐにそのときにやらせようとしない
子どもは、すぐに言っても聞かないのが普通です。
でも、ちょっと時間をおいたらやってくれることもあります。
だから、親が時間にゆとりを持って行動するのは大切かもしれません。

それから、子どもがやりたいことを上手く利用する。
うちのiroは食器を片づけたり、簡単なお手伝いをやりたがります。
そういう、自発的な気持ちを大切にし、やってもらったら「ありがとう」
と、お礼を言います。そうすると、小さいながらも何だか得意そうな気持に
なるようです。大人がやってしまえば確かに、簡単ですけれど
子どものもともと持った奉仕精神も大切にしたいものです。


また、ちょっとした工夫でラクをすることもできますよね。

例えば、うちの娘はオムツがえを、すごく嫌がるのですが、
オムツ替えのときに、手に何かを持たせるとそちらに集中してごまかせちゃえます。
それとか、最近ではミッキーマウスのオムツに変えたら嫌がらなくなりました。


なんだか邪道かもしれないけれど、うちってこんなんばっかり。
ちょっとした工夫の積み重ねなんですよね。楽しく子育てするコツは。
大事なツボは抑えつつも、その子の素材を壊さない。
子どものためだと叱ってばかりいると、その子の素材が壊れる
危険性があります。


ストレス時代だけれど、多くのママがニコニコママになって、子どもと楽しい時間を
たくさんすごせるといいですね



チルドレン大学のママたちのブログ「チル脳倶楽部」
10月7日からスタートしました!!
iromaもメンバーになってます。

こちらも、よかったらご覧ください!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ

















2008 テキサス体験 | 21:23:26 | Trackback(0) | Comments(2)
子どもの細やかな感覚を育てるかぎは・・・♪
テキサスでの食事は、自分たちで自炊 & 外食でした。
料理は、ママたちがそれぞれ交替でやっていましたがマイコちゃんは
すごく仕事が丁寧で料理もおいしいし、盛りつけも私なんかと違って
美術畑の人らしく美しく盛り付けられていて、目ざとい私たちは彼女をすぐに
料理担当をお願いしました



ところで、アメリカの食事情について申すと、
これは、日本の方が1枚も2枚も座布団をあげちゃいたくなります。
質より量の食べざかりの青年たちにとってはアメリカの食事はありかもしれない
けど、アラフォーのおばさんは、わらじのようなハンバーグをずっと食べ続けるの
は、正直辛い
シリアルやお菓子も食べてみたけれど、日本の微妙な甘さ加減に比べて
味が大味というか単一とでもいいましょうか。
心にグッとこない
(あっ、でもシーザーサラダに使うフレンチドレッシングとか、
お肉はさすがに、すんごくおいしかったです

IMG_0089_convert_20081021230035.jpg

元気にほおばる子どもたち♪

IMG_0091_convert_20081021230121.jpg



スーパーに買い出しに行ったときにも、業務用のようなものが当たり前に
ドンとおいてあり、目にするもの置いてあるもの全てがBIGで、
首を交互にきょろきょろと挙動不審な人になってしまいましたよ
そして、もっと驚くのはそこにいる人の大きさ。
日本のおデブちゃんとは比にならない。
歩くのも大変そうな人って日本では相撲とりぐらいしかいないもの。
食べるものが違うと、こうも体格が違うものかと妙に納得してしまった。


ところで、
私が、外食でたのんだものをカメラでとっていたら
マミーに
「日本人くらいだよね~食事の時に写真をとるのって」
と言われてしまった。
日本人でも撮る人、撮らない人いるかもしれないけれど
そうか~他の国の人は、写真撮らないんだ~
ちと、恥ずかしい

IMG_0168_convert_20081021230222.jpg
↑ ↑
メキシカン料理♪

IMG_0402_convert_20081021230327.jpg
↑ ↑
ここのマルガリータは上手かった~


日本は、最近、食の乱れがつとに問題だと言われてはきているけれど
(発達障害の増加なども、食が関係してると唱える学者さんもいる)
米を主食にして、豆・魚・海草・野菜などを、たっぷり取り入れた食事で、
究極の長寿食として世界中の人々に注目されている。
季節ものを取り入れたり、色を楽しんだり、料理する時間を調節して歯ごたえを
変えたり・・・・
手間をかけて心がこもった料理ってすごくエネルギーをもらいますよね


日本の食文化や感覚の繊細さは、
世界に誇れるものじゃないかしら~
この感覚の繊細さって、日本の芸術や服飾、車など物づくりが秀でているのと関係しているのでは。
そして、この源は、毎日、毎日のお母さんの手料理が影響していたりして・・・・
あっ、自分の首を自分で絞めてしまったようだわ~
ぐ、ぐるじー

外に出てみると自分の国の良さがわかるって本当だわ♪


IMG_0160_convert_20081021230505.jpg

IMG_0164_convert_20081021230633.jpg

日本にて、久しぶりにお一人様で優雅にランチ
あまり得意でないお魚も、ゆずの皮をスライスしたものが魚の底に敷いてあるので
臭みがなくて食べやすい!!
こんな、心づかいがとても嬉しく感じます。

でも、子どものお弁当にかける日本のママの情熱はすごすぎる
ーーー



チルドレン大学のママたちのブログ「チル脳倶楽部」
10月7日からスタートしました!!
iromaもメンバーになってます。

こちらも、よかったらご覧ください!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ












2008 テキサス体験 | 22:58:45 | Trackback(0) | Comments(3)
馬から学ぶ!!子育てのポイント 何はともあれGive  No.2
前回は、ナチュラル馬術の話で 何かをさせる前に、Giveをする
ということをお話して、こどもにもそれが応用できる・・・・というつづきです。



私はテキサスで他のママたちにiroのめんどうを
たくさんみてもらいました。みんな、ありがとう~
とりわけ、ちーさんには、iroがなついて最後には、母ちゃんより
ちーさんのところに行きたいと手を伸ばす始末よ~

親はなくても子は育つってか~


ちーさんを見ていると、本当にiroが喜ぶことをみつけて
まっすぐにiroを見つめてるのがわかりました。
まわりなんておかまいなく、「べろべろべろ~」とか変な顔してみたりね


                  明るいおたっきー 何事も真面目なちーさん
                      ↓ ↓ ↓
優しくて厳しいベッキー
  ↓ ↓ ↓
IMG_0388_convert_20081016233945.jpg

ここで
こんなに小さくても子どもは馬と同じでちゃんと自分に対して
まっすぐな気持ちで Giveをしてくれる人を見分け
それに対して安心感を持って自分をゆだねることが
できるということがわかります。



多くのお母さんが経験してらっしゃるかもしれませんが
保育園の先生がどんな人なのか、
子どもを見ているとわかっちゃう時ってありませんか?
なぜかというと、馬も子どもも、それが良いとか悪いとかないから、
鏡のようにその人の姿勢が投影されちゃうんですね~。
そして、ここが、安全な場所であると子どもが心から思えれば、
おのずと、そこを基地として外界に興味をもつことが
できる。



たまに、
「うちの子、私にべったりしてもういやんなっちゃう」
と、無理やり ひっぺがそうとしてるお母さんをみかけますが

オイオイ、そりゃ~
逆効果だよ~お母ちゃん とでも言ってあげたくなる。

そんなときは、子どものペースにあわせて ”Give”することを
意識してみてはどうでしょう。



ついつい、大人時間で子どもをせかしてしまいがちですが
「馬にも、子どもにも時間は関係ありません」 と
ベッキーが言っていました。



たとえ、30秒でも1分でもいいから、
子どもにしっかりフォーカスして抱きしめる。
そして、自分の中から自然にあふれる愛情を注ぎ込み、
それと同時に、子どもの気持ちを感じとる。


これを、やるのとやらないのではiroの状態が全然違います。
やった後は顔がおだやかで、なんだか言うことをちゃんと聞いて
くれる。やらないで、何かをやらせようとするとなんだかイライラしてる
嘘じゃーありませんよ~。

まさに、ノンバーバルコミュニケーションでお馬さんと同じ


↑ ↑
でも、なんだか説明すると、ま・まどろっこしい。




まだまだ、ナチュ馬シリーズ つづきま~す。
次は、あれいきましょうかね~



あれって、なによ~ 




チルドレン大学のママたちのブログ「チル脳倶楽部」
10月7日からスタートしました!!
iromaもメンバーになってます。

こちらも、よかったらご覧ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ

















2008 テキサス体験 | 01:36:05 | Trackback(0) | Comments(2)
馬から学ぶ!!大切な子育てのポイント 信頼関係をどう作る No.1
テキサスツアーのキモともいえるナチュラル馬術

いや~
これ、これすごいっス。
馬が全部、自分の姿勢を鏡のように映し出してくれるのです。
でも、こわいっちゃーこわいですよねー。
よく、自動車の運転を見れば、その人がわかると言いますけれど
生き物だからもっと如実に表れてしまうのかもー


そもそも、
馬というのは、とても敏感な動物だそうで信頼した人でないとちゃんと
乗せてくれないのだそうです。フンと馬鹿にされて、馬に蹴られるのがおちだったりしてー
全く、どのようなことになるのか皆目、予想ができませんでしたが、
お馬さまの胸をかしていただこう、身を委ねようと思って臨みました。


IMG_0369_convert_20081014224415.jpg

さて、ナチュラル馬術のメソッドは7つのステップがあります

1)Bonding:触れ合い
2)Give&Take プレッシャーを与える vs プレッシャーから解放する
3)親密感
4)ダンスのはじまり
5)異質なものに慣れさせる 自信をつけさせる
6)地面でのバレー
7)鞭を使ったバレー


といっても、????ですよね。
私も事前に資料をもらっていたのですが実際にやってみないと
ピンと来ませんでした。


3日に分けて、これらのステップを学んだのですが
第1日目は
1)~3)の行程まで行いました。簡単にいうと馬との信頼関係をどう
作るかということだと理解しました。
この行程は、馬に乗る時に必ずいつもやることだそうで、
関係を作るというだけでなくその日の馬の状態を観察するという
意味もあるそうです。
だから、セッションの前には毎回、この工程をベッキー(ナチュ馬の指導者)
はやっていました。


馬の気持ちいいところをみつけて、心を込めて撫でててあげます。
(馬の尻尾の内側をなでてやると気持ちいいそうな~
動物は、言葉がしゃべれないだけに人間の心の中を読み取る能力が
高いと言えるかもしれません。
Spiritedな馬ほど丁寧にこのプロセスをやってあげる必要があるそうです。
なるほど~


これは人間の子どもにも応用できるかもしれない!!

ということで
次回は、子どもと信頼関係をどう作るかということについて考えてみたいと思います。


チルドレン大学のママたちのブログ「チル脳倶楽部」
10月7日からスタートしました!!
iromaもメンバーになってます。

こちらも、よかったらご覧ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ





テーマ:コミュニケーション - ジャンル:育児

2008 テキサス体験 | 23:00:26 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。