■プロフィール

iroma

Author:iroma
1歳の娘のママです。英語育児に興味があります。
お気軽にコメント残してください。

■フリーエリア

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
絵本の読み方♪ 頭をひねってみよう 
みなさん こんにちは♪

なんだか、グズグズしたお天気が続いていますね~

「ジャンバーーイ 」と威勢よく
服を脱がせてもらっている娘に
今日もやられっぱなしの母ちゃんであります。


ではでは、今日もちょっと一息
お茶でものみながら気楽に お読みくださいな~^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもと本を寝る前に読むことが
もう、習慣のようになっているご家庭も多いかと思います。
オイオイ、もう寝ようぜよーーーなんてお母さんも結構、いる?
iromaは、しょっちゅう。
布団の中に入ると、気づいたら朝なんてこともーーーー
ガビーーン!!!
英語、やろうと思ってたのに~




だいたいの子は、本を読んでもらうの好きですよね。
嫌いな子いるのかな~?!
ワタシは、子どものとき読んでもらうのが大好きでした。
毎晩ではなかったけれど~~
それでも、心にちゃんと残っています。




学校でも、読み聞かせの時間があって
道徳の時間に
「大泥棒フォッツェンプロッツ」や
「エルマーの冒険」をワクワクしながら聞いていました。
絵がなくても、自分でイマジネーションをふくらませていたので
逆に、それがよかったようにも思います。




今、注目されているフィンランドでも家庭学習での本の読み聞かせを
提唱しています♪よかったら、どぞ。





大学は無料♪




フィンランドのシステムは、人を大切にし、
全ての人に平等に学ぶ機会
与えています。
日本も、早くそういった時代が来ることを願いますが、
システムができるのを待っているうちに~~~








我が子は成長しちまいますだ~~。





私たち、母親は社会の動きに敏感になりつつも
(社会に全く疎いiromaですが子どもたちのためなら、
根本の政治を、よ~くみていかにゃーいかんと思うのであった。。。)
使えるものは日本でも他国でも、ガンガン取り入れて
家庭でやっちまいましょう!!!




日本でも、大学に色んな動きが起ってます → こちら





さて、本について話を少し戻しますだーー♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





先ほど、見てもらったフィンランドでも紹介があったように
一冊の本を題材に、子どもと色んな角度から話あってみる・・・・
というのもおもしろいかもしれません。
一つの型にはまったものの見方でなく、あっちからも
こっちからも、頭をクルクルひねってみると、
おもしろいその子の深層心理が見えてくるかもしれませんよ~~。





余談ですが、
子育て中は、絵本や童謡に大人もたくさん触れますよね。
その時に、いろんな思いが母親である自分にも返ってきます。
ホワッ、グサッ、ドボッ(気にしないで、言ってみたかっただけ)




例えば、
「犬のおまわりさん」を歌っていると、
我が子と自分の関係を歌っている様で
うたった後は、いつの間にかスッキリ!!


「したきりスズメ」や「花さかじいさん」を読んだあとは
子どもに対する期待を戒められているような
気がして、ハッ!!!





いやはや、おもしろい!!!





チル大のコンテンツのAESOPや アンデルセン
日本の昔話などは、メッセージ性が強いので、
こんなふうに
子どもと色々とお話しながら読むのも楽しいかもしれません。




もう、すでに実践されているご家庭もありそうですね^^




あなたなら、どんなふうに考えますか???
どんなふうに実践されてますか???
よかったら、教えてねーー♪♪



ではでは、今日も長文になってしまいました。
最後まで、読んでくれた、あなた ありがとう~~~^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ









スポンサーサイト
マインド | 16:54:35 | Trackback(0) | Comments(0)
敏感な子どもと バカ野郎な親 ♪
こんにちは~♪

今日は、こちらは雨です。
雪が降っているところもあるみたいですね~
サブッ~~!!


フライングした花々は、
この気候に オイッ!!て感じ~!?

さぁ 今日もプっと笑える話し?!
どうぞ、お茶でも飲みながら気楽に読んでくだされ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、うちで流行ってるのが
チル大のまなりんにおそわった
ABBAを歌おう♪ ~ Thank You For The Music   
めちゃくちゃ、好きになりました~~♪♪



スウェーデン
のミュージシャン男女4人グループで
1970年代半ばから80年代初頭にかけて活躍したグループだそうだ。
最近、「マンア・ミーア」の映画のサントラで再び人気が再燃したとか。
全く、古くない。
いいものは、いつでもいいもんなんだな~





模造紙に歌詞を書い、歌ってみるが~
なんたって音程が難しい・・・・。
伴奏なしで歌ってみるけど、あらぬ方向に~
自分でもあきれる程のオンチさ(笑)。





そういえば、昔、ちょっとこじゃれた飲み屋のカラオケで
思いきり歌ったら、見知らぬ人に
「 ありがとう!!勇気づけられました!! 」 と
手を握られ、何のことか解らずポカ~ンとしたことが ^^;




いいんドス、いいんドス。
音程がどんなに外れていようと
そうやって、勇気づけられる人もいるんですから(笑)
色んな人がいていいんドス
iroも楽しそうにしているし(イジ イジ イジ イジ)




ケッホン
いじけるのやめよ!!
ここから 本番!!
(いつも、前置きが長くてすんません^^;)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



iroは、この曲を 「もう、一回!!」 と催促するほど
気にいったようですが、
嫌いな音とかもあるみたいです。
CDをかけていたら、すごく嫌がったときがあったので何事かと
思ったら、いつもより大きな音だったことに気がつきました。
それから、怖いような音も嫌がって、遠くに逃げます。
だとしたら、すごくやっぱり敏感なんですね。
人体の絵とか、気持ち悪そうなものもすんごく嫌がります。
この前なんて、TVで 鯨につく寄生虫がアップに移ったら、
パチンする~と、自分でテレビを消してしまいました。
そんな嫌いなもんが、教えていないのに本能の中にあることにびっくり!!
でも、涙を流して嫌がるから
「そんなに、泣くこた~ないでしょう~」なんてね。




そういえば、私が楽しませようと、
たらこ唇はげのカツラをかぶったら
大泣きされたことがありましたっけ。
やるほうも、やるほうで  
そうとうな バカ野郎な親です・・・・・
ハハハハ・・・・・・^^;




バカ野郎な親に、相当な敏感野郎。。。。
いや、敏感なお子様です。





けれど、実は
私たち、大人が思っている以上に子どもって
色んな器官が繊細にできているって
思うことありませんか???






私たちには、当たり前のことも
子どもは、すごく新鮮な
柔らかな感受性を持ち合わせている。
だからこそ、色んなことに敏感に反応する
と、バカ野郎なワタシは思った。





そして、
だからこそ、だからこそ~
良質なものを与えてあげたいと思うのも
親ごころ。
けれど、
反対に温室にいれて守ってばかりいるのも
(成長する上で免疫がついていなくて)大丈夫か~と
思うのも親ごころ。






しかし、親が取り除いてあげられるなんて
限度がありますわね~。
そこで、葛藤が起こるんですね。
子育ては、葛藤の連続であります。





ここで、マミーのとこの馬のルナちゃんのことがポワッと浮かんだ




ルナちゃんも、相当敏感なお馬さんだったようです。
色んなことに、ヒーヒー怯えて糞をたれたりして大変だったようです。
けれど、その恐いものを全部、取り除いてあげる
のではなくて、少しずつ慣れさせてあげるという
ことを、マミーはやってましたっけ。
私が行ったときも、ゴミ???
と思うようなものが、バシャっとおいてあって、何だこれ??
と不思議に思っていたら
それは、慣れさせるための道具だと説明されました。




ここに書いてあります → こちら





このことは、敏感な子どもたちにも置き換えて利用することが
できると思うんですね。





与えてなくてもいい有害なものと
慣れさせてあげた方がいいものの線引きは
とても曖昧で、小さい頃は親の判断に大きく
ゆだねられるところが悩ましいとこではありますが





少なくとも、たらこ唇とはげ頭には、
別にそう必死に慣れさせる必要は、ないでしょう。
(何々??そんなん、知ってるって!!失礼)
だいたい、こんなもんは時が立てば自然に平気になるってね~!!!(笑)
無駄なことに、時間を割くのはやめましょう^^;
しっかし~、将来 
「 たらこ唇の人と、ハゲの人がなぜか嫌いなのよね~ 」
なんて、iroが言ったらどうしましヒョ (汗)




って  おバカはこれくらいにして、
今日いいたいこと。
〆ます。飛びます。



そ・れ・は



「悩む、迷うのは親の醍醐味!!」
しっかり、安心して悩みましょう!!




っつう、簡単なことです。




親の悩みはつきないものです。
きっと、きっと。
答えがない中で、その時、その時
我が子にとって何がよいのか
耳を澄まして進んでいくしかない。
だったら、どっぷりつかって安心して 
一緒に悩もうではないですか~♪♪


しっかり、悩めってフツーの人は
あんまり言わないでしょ。



ではでは、今日も長文になってしまいました。
最後まで、読んでくれた、あなた ありがとう~~~^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ



















マインド | 09:38:15 | Trackback(0) | Comments(2)
あなたは、あなたで よか♪
みなさん、ごきげんよ~♪

何だか、とても暖かい日が続きましたね。
それと同時に、花粉がパァ~~っ
辛い季節がまた参ってまいりましたが、
花粉も吹き飛ばすパワ~でいきましょう!!!

ヘェ、ヘェ、へーーーーックション!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、子どもの創作活動につい一言、二言、三言。。。。
オイッ 多いぞ!!
とつっこまれそうですが、
ま~  気楽にiromaの たわごとを、聞いて下さいな!!!



多くのお子さんは、1歳になるかならないうちから
鉛筆を持ってジージを書きますね~
その年齢は、いろいろとありましょう。
いつ描き始めるなんて問題ナス
そんなの気にしない、気にしない。



最初は、ぐしゃぐしゃと腕を動かし、そのうち、
なんとなくマルが出現して。
そして、そのマルと線を利用して、
何やら顔のようなものが出て、足や手が出てきて~~
その過程を見てると、本当に楽しくありませんか~!?
だって、子どもの絵って何の枠に捉われてなくて
絶対、大人が真似できない絵なんですもん?!



以前、ファイルしてとってあるのをご紹介しました。
よかったら見てね → こちら



iroも、創作活動が楽しくて仕方がない様子。
いつでも、絵が描けるように、色鉛筆(ダーマトグラフが便利よ)や
マジック、クレヨン
紙も色んな大きさのを用意してあります。
しかし、いつも使ってる紙だとはみ出すので
大きな模造紙を与えてみましたら~~、
犬が大きなドックランに放たれたときのように 
ノビノ~~ビと絵を描き創めました。
(あくまでもiroの場合ね。大きいからいいってもんじゃないからねん)




その様子はこちら♪♪
線に迷いがない!!




しか~し、
こんなふうに、気が乗らないときもありますわね~(笑)
なんかの動物に動きがそっくり!!!






ところで~
これから、本番なのでその前に コーヒーブレイク  
一杯ど~ぞ



絵と言えば思い出すエピソードがあります。
私、昔小学生の時に習ってたことがあったのねん。
芸大出の日本画を専門とする 岡村太郎に似た おじーいちゃん先生。
そのじーちゃん、悪い人ではなかったけど
(最近、うちの叔母にモーションをかけていたことが判明!!
やるな~~このエロじじ~!!おっと、失礼)



私はその先生のやり方に、
はっきりいって腹がたってたのだ!!!
色々と細かく、書き方を教えてくれるのも嫌だったけど、
100歩ゆずるとして~~
もっと、嫌だったのが最後に、せっかっく書いたものに手直しするのね。
おまけに、歳でブルブル震える手で描いてるもんだから、
何だか変なことになるんだわさ~~(笑)



この最後の決定的に直されれる瞬間、
今まで、私が一生懸命に描いてたのは何なんだったのと思うのが
普通の感情ってもんでしょう!?
その結果、習っていた子どもの絵は、みな同じような絵になるわけね~。
そう、ブルブル震えた馬の絵に(笑)



ある時、学校の写生大会の時に、
その先生に教わっている子どもたちは、金や銀の賞をもらったけれど
私はちっとも嬉しくなかった。
大人の感覚だと、上手いということなんでしょうが
それより、みな同じ技法で描かれた絵を、逆に私は恥ずかしく思ったのね。







私は、美術の専門家でないから、詳しいことはわからんけどさ~
皆、それぞれに個性をもっているのに 表現に対して
一つの枠にあてはめるようなことがあってはならない
と、私は強く思うんだな~!!!



そ れ か ら


絵に、上手いも下手もない。
それぞれの子が、感じ取ったものを
思い思いに表現する~
それこそが、すばらしいことじゃないのだろうか。。。。。



私たち親ができることは、
こどもの邪魔をしないこと。
意味のあるものを描かせようとしたり、
上手く書かせようなんて、よかれと思ってやっても
それは、たいがい子どものためにはならないものなんだわな~
私も、いつも自分でパチペチと戒めておりまする(あたしゃ、マゾか~)



これは、絵だけでなく色んなことに通じることじゃ~なかろうか。


北海道の美術の先生のブログで問題提起が → こちら
あなたなら、この問題をどう考える???


最後の最後、日本の異彩を放つ故芸術家
岡村太郎さんの映像をどうぞ~♪
大人になっても、子どものような自由な発想ができる彼は
やっぱり天才と言えよう!!面白いよ^^





今日も、長文になってしもーた。
しか~し、最後まで読んでくれた、あなた!!!
いつも、読んでくれてありがとう~~♪

ブチュ~
いらない!?

これっまった~失礼いたしやした~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ





マインド | 20:54:58 | Trackback(0) | Comments(12)
ライフ イズ ビューティフル!!
みなさん、ごきげんいかがですか~♪

なんだか、春めいてきましたね。
この前、福寿草が咲いているのをみて
びっくり!!はやくないですか~~~
やっぱり、温暖化の影響かな~
複雑な気持ちになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてっ

今日は、朝から大泣きをしてしまいました。
不覚にも ほんの7分の映像を見て。

それは~
こちらの映画

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]ロベルト・ベニーニ, ニコレッタ・ブラスキ, ジョルジオ・カンタリーニ, ジュスティーノ・デュラーノ, ロベルト・ベニーニ

おすすめ平均
stars大いなる寓話が生んだ奇跡
stars愛情そして愛情
stars映画には魔法が溢れている
starsありがとう。
stars観れば観るほど。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もう、ご存じの方も多いと思います。
そう、第二次大戦時の強制収容所を舞台に、ユダヤ系イタリア人のグイドが、
前向きな明るさを絶やさず家族のためにある嘘をつく~~
当時、アカデミー賞を3部門でとった話題作です。

問題のシーン
見てない方はどうぞ~。しかし、これイタリア語(わからないけど、いよいよ国際的!?)



続きも感動的!!



嘘も方便とは言いますが、
こんな生きるか死ぬかの時に、子どもに「これはゲームなんだよ!!」
と言える親って、よほどの肝が据わった人か、変わり者でないとできない
と思いませんか~~



私なんて、あの箱
一緒に隠れて助かろうと考えるかも。。。
それは、それでHappy end だわ
なんて、バカなことは言ってないで~



確かに、グイドのような親になるのは無理だとしても、
それでも
子どもが何か困難なことや、辛いことがあったときに
親の物事の見方で、子どもの見る世界のフレームを変えられるのかも~



ちょっと視点をかえて、
自分が「大変だ~」とか、「不幸だわ~」
と思える状況に陥った時に
いつもそばに平気な顔をして座っている人がいたとしたら?


・腹がたって怒りますか??
・その存在を抱きしめられますか??



不安の高いお医者さんに私だったらかかりたく
ありません。かすり傷でも、死ぬんではないか~~
と、不安になりそうだもの。



これから、きっと
私も親として胸を痛めることがたくさん出てくるでしょう~。
代われるものなら、代わってあげたいと思うことも
きっと出てくるでしょう~。
それでも、やっぱり私は、映画のグイドのように
「生きていることは すばらしい!!」という
ことを身をもって、子どもに示せる親でありたいな~と
思うわけです~~~


どんなふうに??



それは、
私自身が毎日を楽しく暮らすことに他なりません。



しか~し、
これは言うのはたやすく
未熟者の私が行うのは難しいのは重々承知であります。



腹がたったり、あちゃ~~とトイレで反省することも、
しばしばあります(最近、トイレでマザーグースはやってるのね、チル大)。
それでも、私は
バカボンのパパのように
(はちまきは巻いてないよ。腹マキも巻いてないよ)
「これでいいのだ~~!!」と自分を慰め
毎晩、お酒を飲むのでした。
やけ酒じゃないよ。おいしいお酒


僭越でありますが、
あなたにも、大声で言ってあげよう!!
「それでいいのだ~!!」



いつも読んでくれてありがとう~♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ




繋がる | 12:36:17 | Trackback(0) | Comments(6)
なんだか嬉しいな~
さいきん、海外のサイトも自発的にちょっと、覗くようになりました。
といっても、ざく~っと 内容を把握??する程度のことなんですが・・・・


そんなこんなで色々みてると、なんだかとってもcuteな ポートランドの
5歳の少年を見つけました。
その名もJulian くん。
このかわいい少年と、ちょっと 嬉しいことを発見したのでご紹介~!!!


彼は、自分の番組 ” Big Kitchen with Food ” という番組を持っています。
たったの 5歳で番組もつなんて つ・わ・も・の
見てみたい~???
お時間のある時に、 どーーぞ、どーーぞ


こちら、こちらよ~  → 5-year-old chef starts Portland TV cooking show

マミーおすすめのサイト npr でも 紹介されてます。



この映像、すんごくかわいいですよ~~♪
独り言を言いながら、手際よく器具も使い、完成度もすごく高い!!!
iroも、とっても興味深そうに見ていました。



お料理って子どもにとっては、仕事というより遊びの延長のようなもので
とても創造性の高い作業だとういうことを改めて実感!!
(いつも同じメニューになる私は反省ーー)
クッキーの型ぬきや、パンをこねることは 2歳の iro でもできます。
作業している姿をみていると、ホントに楽しそうです(ねんど遊びと同じ感覚)
汚れるからとか めんどうがらずに、どんどんさせてあげたいものですな


しっかし、子どもって大胆に汚すのよね~~
腹立っつ~~~ のり


オヤジギャグ加速中!!!
アホ アホ で許して

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、料理のお話は、これくらいにして本番
(オイ、前おきかーーーーいーーー!!!)


彼は home-schooled つまり、
学校(保育園??)に行かずに、家で自分がやりたいことをやるという
贅沢な教育を受けているようなんです。



記事を引用すると
彼の両親は、この番組に出ることは 数学 や 科学の 学ぶ機会を得られるけれど
それは付属的なことで、大切なのは彼が心からやりたいということを
やるというようなことを述べています
(おそらく。。。。たぶん。そうだと思う・・・・違ったら誰か突っ込んでね



つ、つ、つまりですね
最初から 数学  科学 を学ばせようとして、料理をさせるのではなく
彼の動機を大切にして、大人は黒子に徹して彼をサポートするということですね。
彼が、木の成長に興味を持てばそれをやるし、虫に興味を持てばそれについて学ぶ。
といったふうに、予め決められたものではなく、子どもの興味に従って学びを促進する
という方法。。。。


ん???
なんだか、これって フフフフ・・・・・
どっかで聞いたような~
ピン ときた方はスルドイ!!!
そうなんです。チル大が目指す子どもの関わりと似とるんですな。


番組の作成には家族の皆が参戦していることからも、彼の環境はとても
恵まれていることが伺えます。



海を超えて同じような 考えで子育てをしている方がいると思うと
とても心強く、嬉しく思いました。
(といっても自分は その末端にいるものですが!!!威張って言っちゃうよ~)

きっと、そんなお母さんが、日本でもたくさんいるんでしょうな~
ほんとに嬉しいことですなー。
そう、あなたのことよん♪


ではでは、このへんで
いつも、読んでくれてありがとう^^

また、会いましょう!!!
パピプペポ

とうとう壊れた~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ

























英語 | 12:10:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。