■プロフィール

iroma

Author:iroma
1歳の娘のママです。英語育児に興味があります。
お気軽にコメント残してください。

■フリーエリア

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
佐藤 初女さんに出会う♪
だけど、私たちは、それに気づかないで
狭い中で、あの人がど~の、
この人がど~のって自分や子どもを比較して
落ち込んだり、焦ったりしがちなんですね。

みなさん、こんにちは~お元気ですか?

気温の変化もありますが、
この時期は、ホントに新緑がうつくしい~。
うちの猫の額ほどのベランダの木々も日に日に
青々とした葉が生い茂ってきて、
目に優しい空間になっています。


ではでは、今日もゆったりしてお読みくださいねん♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、佐藤 初女 さんの講演会のことについて書きたいと
思うんですが、ジェーン・グドールさんの時と同じで
うまく書ける自信がありません。



と、いうのも言葉だけでなくその場の空気感というものから
伝わるものが大きくて、それを言葉で表現するとなると、
とにかく「 行ってお話を聞いてみてください 」 
ってな感じなんですね。



でも、やっぱり多くの人とシェアーしたいので僭越ながら
やってみたいと思いますが・・・・




初女さんの言葉は、すごく当たり前でシンプルな言葉です。
でも、その言葉がダイレクトに
相手に、ズシッと心に響くんですね。
なぜなら、その言葉が体験とピタッと一致していて
ただの空ごとではないことが、よく伝わってくるからなんです。
だから、自然に聞いた受け手が
あ~~そうだよね~~って腑に落ちる。




88歳のお歳の方が、昨日よりも今日が少しでも進歩していたいと
日々、精進され過ごされている姿は、
本当に身にしみてくるものがあります。




そこにいる私は反省の嵐 ^^;
でも、嫌な感じは一つもしないから不思議です。





こんな、言葉がありました。

「 ゴミの出し方は、その人の生き方、性格が現れます 」



ドッキっとしません??
ワタシは、しました。




例えば、水を良く切れば袋を何枚も重ねずにすむのに
それを待たないでやるから、幾重にも袋を使って
生ゴミを大量に出したり。。。。。。




いっくら、頭が良くても何かがずば抜けてできても
こういう生活の根っこがきちんとしてない子は
やっぱり、どっかでバランスがわるい気がします。



であれば、親の私がそういう生活を
見直さねばならないですよね。
いっくら、言葉でいっても親がそういう態度をみせなければ
伝えたいことは伝わりませんもんね。



( こんなふうに、反省の嵐は続きます ^^; )




さて、さて、もうちょっといきますね~~


なるほど~目から鱗の話。



こんな質問がよくあるそうなんです。
命の尊さ、尊さと言ってますが、生き物を食べることは
それに反する行為ではないですか??と。





それに対して初女さんは、
やっぱり、何か制限をするような食べ方は難しいと思いますね。。。。
楽しい雰囲気を壊してしまいますし、、、
生きているものを食べるということは、それを美味しく頂いた自分の中で
そのものが命として輝いて生きているんでないか・・・・と私は思います。
というようなことをおっしゃっていました。





あ~
だから、私は不味いお肉やお魚を捨てる時、すごい罪悪感でいっぱいに
なるんだな~って。




食べ物を、
ただお腹をいっぱいにするだけのものではなくて
素材そのものを生かして美味しくいただく
そういうことに気を使うことが、命を生かし、
生かさせてもらうことに繋がる。





野菜をゆでるにしても
一瞬、野菜が白くなる時があるんですって。
それが、一番おいしい時。
食べ物もちょっと寝かすと美味しくなる。
ワタシ、さっそく試してみたんですね。菜の花で。
目を皿のようにして、じっ~~っと見てて
なんか、変わったぞ?!
このときかなって、思ったときにサッとあげる。
ほんの、一瞬ですね。



食べてみたら、
少々、固めで、でも固くないみたいな微妙な
ゆで具合で、色もとってもきれいでした。
盛りつけも気をつかってみました。



こんなふうに、よく観察しタイミングをみて
食材を生かすというのは
子育てにも通じるものがあるな~~と思いました。



完璧にはできないけれど、自分が出来るところで
昨日よりも、今日というふうに少しずつ変わっていけたらいいな~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、ここらでブレイクしまひょか~。

こんな本を買いました。
中には「こころ咲かせて」と丁寧にサインを書いていただきました~
故 河合 隼雄さんも訪ねていたんですね~♪

こころ咲かせて
こころ咲かせて佐藤 初女

サンマーク出版 2000-07
売り上げランキング : 131042

おすすめ平均 star
star心咲かせて
star心のふるさとを見つめる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本は、読んで行きました~

いまを生きる言葉「森のイスキア」より
いまを生きる言葉「森のイスキア」より佐藤 初女

講談社 2002-11
売り上げランキング : 16154

おすすめ平均 star
star一字一句を大切に読みました。
star大切な言葉
starキリスト教じゃなくても。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



初女さんは、こんなふうに優しく語りかけます。




初女さんに出会った方の話し♪





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あ”~

伝えたいことがまだまだあるけど、
長くなってしまうな~~




では、最後。

心に残った言葉として

「 私たちはみな神様からみたら同じ 」


という言葉です。




偉い人も、えらくない人も、貧しい人も、そうでない人も
美しい人も、そうでない人も、悪い人も、そうでない人も
etc・・・・・



みな、神様からしたら皆同じ存在なんですね。




人間だから嫉妬、恨み、醜い心を持つことも自然な
ことかもしれません。
でも、もし、そうなった時に
神様の視点、第3の視点で物事をみてみると


ス~~~~ッ と


心が静まるのを感じることができると思います。
ワタシは、泡立つ心が治まりました。

( この言葉も私は幾度となく聞いた言葉だと思うんですけど、
初女さんが発した言葉で、不思議なことにストン腑に落ちたんですよね
おそらく、ホントに初女さんがそう考えてらっしゃるから
そういうことが起きるんではないかと思うんですね )



隣の人の幸福を自分のことのように心底 喜べる人になりたい。
本当にそう思います。
大事なものを迷いもなく、困っている人に差し出せるようになりたい。
心底、そんなふうに思います。




嵐の時の木のように、
「 芯がしっかりしていれば、揺れてもいい 」
初女さんの言葉です。



とにかく、
初女さんに出会った方,
言葉が上手く発せられずに”ホントに”を連発してますが(笑)
いまいち言葉にできないんですよね。この感じを言葉にするのは。。。
けれど、お会いできてよかった~

チル大のママたちと行けたのもホントに感謝
この機会を与えてもらったのも、チル大のお友達でした!!
ありがたいことです。


こんどは、ホントに森のイスキアに行って初女さんの
お料理をいただく機会があったら嬉しいな~
できたら、娘と行きたい!!
ご縁があったら、神様が用意してくれるでしょう♪



ではでは、今日も長文読んでくれてありがとねん♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


iromaが受講しているチル大、興味のある方はどうぞ!

詳しくは → こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ











スポンサーサイト
出会った人 | 09:53:27 | Trackback(0) | Comments(0)
伝染るんです
みなさん こんにちは~♪

春といえば雨も多い季節。
この雨のおかげで、これから出てくる
新芽は、ぐんぐん大きくなって綺麗な
新緑になりますね。
私が大好きな季節です


この前、いちょうの赤ちゃんの葉って、
こんなにかわいいんだ~と感動しました。
多くの新芽は、何だかクシャクシャと折りこめられた
折り紙を開く謎ときのようであります。



ではでは、今日もお気楽にお読みくださ~い♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちのiro 現在、2歳4か月。。。。。



「自分でやる~~」
がホントに凄まじいです。
自分でやるっつーーーから、何もしないでいると
ヒィヒィー鼻で泣くので、助けてほしいのかと手をだそうとするや否や
すんごい剣幕で
「自分でやる~、自分でやる~」と激しく抵抗される始末^^;



この泣くという行為は、
少なくとも これまでの

「 お母さん、やって~ 」 

ではなく、

「自分ができないことへの憤りやイライラ」 
からくるものみたいです。



とにかく自分へ苛立ち、ヒィヒィ泣きながら、
服を着たり、脱いだりする娘を
ただただ、私は見守るしかない。。。。
娘が白旗あげるまで、ホントにただただ身守るしか。。。。。




あ~もう、こんな早くから
親は身守ることしかできないんだな~~~
なんだか頼もしくもあり
ちょっと切なくも感じます。。。。



でも、考えてみればiro自身がそうやって自分で頭を使い、
体を使って、一つ一つ学んでいかなければ、
何においても道を切り開くことはできないんですね。
どんなに、辛くても親が変わってあげることはできない
。。。。。。iroの人生ですから。。。。
親の究極の仕事は、ただ見守ることなのかもしれない。。。。
でも、何もしないということではなくって
子どもの成長に必要なときに必要な手助けができる。
それは
子どもを有りのままにに観察していないと
難しいように思います~。
ホントに、母ちゃんの修行ですね^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、話は飛びます。



色んな知識を吸収する
ってことは、どんな意味があるんでしょう??




いろんな知識を知っていて、
それを自分の考えのごとくベラベラしゃべる方に
たまに出会うんですが
私は、そういう人と話すと
「あ~~そうですか~~」
ってなもんで、
頷きながら別のことを考えてたり、全く聞いてない
ことが多い(笑)






正直、そんなこた~ 本読めば書いてあるじゃない??
ってなもんで^^;




私が知りたいのは

「んで、あなたはどう思うのよ??
どう感じたのよ??」



ってこと。そういう人と
話しをしていると、
うわ~っ楽しいっ~~そんな考えもあるんだ~
っとワクワクします。



私にとって、一般的な知識を吸収することは、
「 自分の頭で物事をとらえたり考えるための材料 」 
であることが殆ど。




テストでいい点とるために知識を吸収するなんて
ほんとにワタシは興味がないっす。。。。
ただ、単に知識を鵜呑みにすることは
逆に、頭がバカになると思ってるくらい。







何かを知りたい、疑問に思う、
それを、これまで積み上げられた知の蓄積を紐ときながら
自分でグルグル思いをめぐらす。。。というところに、
学ぶことのおもしろさが潜んでいるような気がします。
そして、自分なりの答えを見つけていく。





先日、
本屋さんでウロウロしてたら
色んなものの仕組みの子ども辞典が置いてありました。
うわっ、オモシロイな~
と思ったけれど、これもiroにそのまま
与えることはないだろうな~
と思います。




男の子なんかは機械の中身とか興味をもつでしょ??
それは、この中味がどうなってるのか
知りたいという動機があるからで、その答えを
始めから教えてしまうのは
サスペンスを見ている人に、犯人を教えるのと
同じくらい野暮なことです。
サスペンスがおもしろいのは、犯人をあれこれ想像する
プロセスが楽しいのであって、犯人を教えられたら
シラケません?
ワタシだったら、シラケ鳥歌っちゃう(笑)






昔、
こんなことがありました。
父が大事にしていた「まりも」を母と二人で
中身がどうなってるか、割ったことがあったんですね^^;

私 : まりもって生きてるんでしょ??

母 : そうなんだね~

私 : 中、どうなってるんだろうね~??

母 : ちょっと、やってみようか~


私は、生きているっていうから
グロテスクなものが中から飛び出てくるのかと
内心ドキドキしながら見守っていたのですが、
予想に反して
割っても割っても藻の塊で安心した反面
ちょっとがっかりした記憶があります。
(まりもは本来糸状で光合成をして大きくなる植物なんですよね)。






当然、父は怒り狂ったけれど(笑)、
子どもの好奇心ってのは、本来そういうものだと思います。
そして、その不思議を解明していくプロセス
頭を使って、体を使って実際にやってみるプロセスに
楽しさが潜んでいるような気がするのです。
本当に学ぶってことは、
決して他人から押し付けられる
ものではなく、二宮尊徳さんみたいに自分で自立し身におとしていく
他しかないのではないでしょうか。。。。。


などと真面目に思ってみた。






不思議なことは
ホントに身の回りにたくさん転がっています。
とくに自然の中に・・・・
そういう世の中の不思議さを親は共有する、
スポットをあててあげる。
それだけで、こどもの好奇心は開かれ、
あとは自然に動きだすのではないかな??
親が好奇心の塊だと、それが子どもにも
伝染するように思います。
親しいお友達が、おもしろい!!
とかいってると興味がわくのと同じ。







知識をたくさん持ってることには
越したことないけれど
その知識を使って、どう物事を把握し判断するか・・・・
そして、自分がどう生きるか、世の中に役立てるかっ
てことの方がよっぽど、大切ではないだろうか・・・・・
などと偉そうに思うiromaでありました。



今日も、長文読んでくれてありがとうねん♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チルドレン大学に
前から、興味があるけれど、
どんな内容なのかよくわからなーーーーい
という方に、たったの500円で 
2週間のおためしキャンペーンをやっていますよ~。

   →  →   こちら


わからないことがあったら、メールどうぞ~ →→  → メール



楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ








マインド | 02:27:18 | Trackback(0) | Comments(0)
春だ~春だ~花咲かじじぃだ~♪
みなさん お元気ですか~♪

さくらが、目の前でハラハラ散って
花びらが、部屋の中に舞い込んできます。
昨日は、さくらの花びらで花さかじじぃ~ごっこをしました(笑)


ホントに、桜が楽しめる時期って短いですね。
うちの目の前には桜の木が数本
植わってるんですがほんと見事!!
道すがら、ポッカりと口をあげてみなさん和まれてる
様子が、上からよくみえのでありました~


ではでは、今日もごゆっくり和みながらお読みくださ~い


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春、春、春・・・・・
まちに待った春・・・・


いろんなものが芽吹くときで、その様子を観察していると
本当に楽しい!!!
この時期の新芽や花の植物は、子どもの成長と同じで
どんどん変化していくので、パワーももらえるし。
また、いろんな昆虫も出てきます。




私は、仕事をしているので毎日、多くの時間を割くことが
できませんが、
ほんの短い時間でも、チル大の実践、いわゆるチル脳
働かせることができます。
チル大の実践は英語だけではなく多義にわたります~。



iroの年齢だと、今、どんどん物の名前を吸収している
時期ですから、
本物を見せて、触らせて、匂いをかがせて
その名前を教えてあげたりします。
あまり、意識してやっているわけではないですが
できるだけ、いろんな感覚を使うように
してあげると、きっと、いいですよね。



そのあと
見たものが絵本にでてきたり、図鑑で探したり
そうやって、時間をかけながら彼女の中で色んなことが
定着していくようです。



ほんと、
何気なく教えてあげているだけだけど、
自転車に乗りながら、「あっ、パンジーだ!!」
なんて、マイナーな花を言われると
はっとしてみたり!!!



もう少し、大きくなったら
植物の写真をとったり絵を書いたりして
一緒に観察ノートを作ったりしてもいいな~なんて
思ってます。
その植物の名前は、英語でなんていうのかを
調べてみても面白そうです。
桜は
〔木〕a cherry tree; 〔花〕a cherry blossom
とかね。



この前、
「ピーターラビットの自然観察」
という本を買いました。
こんなことやりたい、あんなことやりたい
と、素敵な想像を掻き立ててくれお勧めの一冊です。
ポターの幼いときからの
自然への観察力は素晴らしいですね。
若い時に描いた松ぼっくりの絵など、本当に繊細!!


ピーターラビットの自然観察
ピーターラビットの自然観察フレデリックウォーン社 ビアトリクス ポター Beatrix Potter

福音館書店 1993-07
売り上げランキング : 526544

おすすめ平均 star
star自然観察の楽しさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




誰もが知っているピーターラビット♪


すごい、描写力。これも自然の観察のたまものなのだろな~。




ビアトリクス・ポター
は子どもの頃、
湖水地方でいつも楽しい休暇を過ごしていたらしいです。
(サイトからの抜粋)
そして1905年、定住することにしたのです。
1930年には、ビアトリクスが『ピーターラビットのおはなし』シリーズから
得た収入で購入した農地はエーカーを超えていました。
絵本のほとんどは、湖水地方でインスピレーションを得て描かれたものです。
ビアトリクスは自分の土地が永遠に未開発のまま残るように、
ナショナル・トラストに譲渡しました。


こういう考えができる人って本当に素敵!!


たしか、ガイヤ理論のラブロック博士も同じようなことしてました~
ただ土地買い占めてるだけじゃなくて
ちゃんと、考えがあっての買占めなんだ~って感心したものですが
そういう考えのお金もちの方が増えたらいいな~~


湖水地方の詳しいサイトは→ こちら


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然を観察していて、何かちょいと疑問に思ったこと、調べたい時に
やっぱりポケット辞典みたいの
あると便利ですね~
私は、鳥や自然のものを少しずつ買い集めています。


やっぱり、こういう調べもの系の本はけちらない方が
いいような気がしています。
知りたいと思ったときが、チャンスだから。
図書館で借りるとなると、そうはいかない^^;



さてさて、
いい陽気なのでちょっと遠出して都会から飛び出して
自然に抱かれるのもいいもんです。


私たち家族は、先週
長野に行って(密かな都会脱走計画)で
いちごの食べ放題
に行ってきました。
こんなに、いちごをお腹いっぱい食べたのは初めて。
もぎたてのいちごって、なんて美味しいのだ~
おまけに、iroは3歳以下だからタダ~
3歳以下って、どこに行っても懐に優しいのです。


蜂が受粉している様子、いちごがたわわに実っている様子、
食べた感触。。。。。。。
iroは、どんなふうに感じたのでしょう~



みなさんも、春をお子さんと思う存分楽しんでね~~~



今日も、長文よんでくれてありがとう~~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チルドレン大学に
前から、興味があるけれど、
どんな内容なのかよくわからなーーーーい
という方に、たったの500円で 
2週間のおためしキャンペーンをやっていますよ~。

   →  →   こちら


わからないことがあったら、メールどうぞ~ →→  → メール



楽しそうなので参加しています^^ 
↓ よかったら、ポッチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ








マインド | 11:19:19 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。